R+house 「レッドシダーの下がり天井のある家」

物件概要OUTLINE

間取り
3SLDK
87.65m²
築年月
平成30年3月
所在地
枚方市岡山手町

コメントCOMMENT

「レッドシダーの下がり天井のある家」
建築家:田辺 真明(愛知)

Q値:1.29W/m&sup2 UA値:0.46W/m&sup2 C値:0.3cm&sup2/msup2


O様邸は通路部分は10mあるいわゆる旗竿地と呼ばれる変形地です。
しかし、南側は駐車場、北側は私道の為広く空いていました。

その敷地条件を建築家の田辺先生が十二分に活かし、
旗竿地とは思えない明るいお家に設計しました。

施主のO様はとにかく一番長い時間を過ごすLDKを充実させたい、
回遊性が欲しい、共働きなので洗濯の室内干をする場所と片づける導線を考えてほしい
というヒアリング内容から、今回の設計が生まれました。

限られた敷地条件と施主様のご要望を満たすためにも
玄関ホールを無くし、壁ではなく、格子を立てる事で圧迫感を無くしました。

LDK
広がりと、圧迫感を無くすために細身の鉄骨階段に。
キッチンはGRAFTECTの「due(ドュエ)」を採用して
収納スペースの確保とキッチンの広さを確保。
そしてダイニングテーブルもお揃いにして統一感を出しています。
床には無垢フローリングのアカシア。
大きな洗面スペースとキッチン再度の壁には同種の色違いのタイルを採用。

そしてこのお家の特徴ともいえるのはキッチン・ダイニングテーブル上部の
レッドシダーで装飾した下がり天井です。
ご夫婦の「レッドシダー材」を使いたいというの強いこだわりを
建築家の田辺先生が設計・デザインで答えてくれました。

2階の主寝室・子供部屋は寝るだけなので必要最低限にして、
洗濯の家事導線を考え、洗濯機を2階に設けると同時に
室内干スペースに「ホスクリーン」を2つ設置。
すぐ横には片づけやアイロンがけができるカウンター
その隣には大きなファミリークローゼットを配置して

洗う→干す→片づけるの家事導線を考えての配置になります。

外観には目につく南側には黒のガルバニウム鋼板と
木製サイディング(ウィルウォール)をアクセントにしています。

メールでの
お問い合わせ

ホームスタイルこだわりの家づくりに関するお問い合わせはこちらから。

Tel:0120-372-021 受付時間/10:00~19:00
定休日/水曜日
家を建てる
メニュー