正しい土地探しPOINT OF SEARCHING LAND

いい家を建てるためには、建てることを前提とした土地探しが重要。
まずは土地探しから、あなたのライフスタイルづくりを始めましょう。

家をつくるには、土地がなくては建ちません。
土地を購入して、家づくりの計画を行う場合は、その一歩が後々の家づくりを大きく左右します。

どうぞお気軽にご相談ください。
地域密着のホームスタイルだからこそできる、きめ細やかなサポート。
ご予算に合わせ、適切なアドバイスとご提案で、お客様にピッタリの土地をお探しします。

土地価格と建物価格のバランスが重要

「条件のいい土地で住みたい」「自慢できる場所に住みたい」
財産となる土地に思い入れが強くなるのは当然です。
しかし、そこに力を入れすぎるあまり、
予算の大半を土地にかけてしまって満足な建物を建てられない、といったことがよくあります。
土地探しでつまずいてしまうと、 いつの間にか大事な家づくりでもつまずいてしまいます。
まずあなたに知ってほしいのは、
全く同じ土地というものはなく、それぞれ条件が違うということ。
それぞれの土地形状や特性を活かした家づくりが必要になります。

そして、全体の予算の中で、土地価格と建物価格を
バランスよく配分していかなければなりません。

「いい土地」ではなく「満足できる土地」を

一般的に言われる「いい土地」と「悪い土地」の違いはどんなものでしょうか?

一般的に言われる「いい土地」

  • 東南角地
  • 駅から近い
  • 買い物の利便性
  • 住環境に恵まれている
  • 広い道路に面している
  • 間口が広い
  • 道路との高低差がない

一般的に言われる「悪い土地」

  • 北や西向き
  • 駅から遠い
  • 買い物の利便性が悪い
  • 住環境が悪い
  • 前の道路が狭い
  • 間口が狭く、奥行きが長い
  • 道路との高低差がある

しかし、この一般的な評価が曲者です。よく考えてみてください。
一般的な条件と、あなたのライフスタイルや優先順位は一致しますか?

一般的な「いい土地」でも、すべてがよいことばかりはありません。

  • 東南角地だと人の目に触れる面積が広く、落ち着かない・・・
  • 駅から近いが、音がうるさいために窓が開けられない・・・
  • 広い道路の交通量が多く、子どもが事故に遭わないか心配・・・

逆に、「悪い土地」と呼ばれている土地も、実は必ずしも生活しにくいというわけではないのです。
たとえば、高低差のある土地にガレージや地下室をつくったり、
敢えて斜面地に家を建て、眺望を手に入れる方もいます。
普段から車を利用する方にとっては、駅からの距離は関係ないでしょう。
また、狭小地や変形地、北向きの土地であっても、
設計次第でデメリットはカバーでき、いくらでもメリットに変えられます。
何より一般的に「悪い土地」は価格が安いので、その分建築の方に予算を回すことができます。

そもそも、誰もが本当に「いい土地」だと思うパーフェクトな条件の土地は、まずありません。
「人気のある土地」などの評価にばかり気を取られて、
理想の家づくりができなくなってしまわないよう気をつけましょう。

土地を探す
メールでの
お問い合わせ

ホームスタイルこだわりの家づくりに関するお問い合わせはこちらから。

Tel:0120-372-021 受付時間/10:00~19:00
定休日/水曜日
家を建てる
メニュー