TOP MESSAGEトップメッセージ

世界基準の仕事をしよう。

少子高齢社会が本格化している今、不動産業界も建築業界もデザイン業界も、まさに過渡期を迎えています。
たとえば、アメリカの不動産エージェントのステータスが医師や弁護士と同等以上であるのに対し、あいかわらず日本では根性論丸出しの営業マンが強引な営業手法で顧客に購入を迫っている。住宅着工戸数はピーク時の4分の1まで縮小し、デザインに関してもごく限られた範囲でしかビジネスとして通用しなくなっている。このままでは各業界は衰退の一途をたどることになるでしょう。

不動産流通は今後、アメリカ型へと移行していきます。建築については、省エネ先進国ドイツを倣い、高性能化を推進していかねばなりません。デザインはイタリアから学び、家の外観や内装はもちろん、家具・家電に至るまでトータルコーディネートをする必要があります。

新しい不動産流通のあり方と高性能な住宅建築。そこにデザインを融合させることが業界の活性化につながり、そして「人の生き方」を変えていきます。
それは、地域に根ざし、きめ細やかなサービスとホスピタリティを提供する当社だからこそできるものだと信じています。

私たちホームスタイルは、住まいの価値を追求し、住まいというカテゴリー全てを極めるエキスパート集団を目指しています。
私たちのライバルは周辺の同業者ではありません。世界基準です。
次々と業界に変革をもたらし、一緒に「世界基準の仕事」をしましょう。

代表取締役 上内 隆之

代表取締役 上内 隆之